代表者挨拶

chatlago.com代表挨拶

初めまして! chatlago.com代表・プロデューサーの淡路久美です 自己紹介を兼ねてこのお仕事にたどり着いた経緯をご紹介させていただきます。

 

今まで経験した仕事

今はチャットレディ プロデューサーをしていますが、以前は様々な仕事をしました。

一番最初は ANAの CAとして8年ほどフライトし、その後子供英語教室、イタリアブランドバッグのアンテナショップ企画兼店員、マナー講師、心理カウンセラー育成財団法人事務局など、様々な業種で働くことを経験しました。

 

夫が家を出てしまい、仕事・家事・子育てを頑張るも貯金は減る一方

その間、結婚・出産・離婚を経て、現在に至ります。

それなりに幸せに暮らしていたと思っていましたが、三人の娘を育てているうちに自分の居場所がなくなったと思った夫は一番下の娘が中学生の多感な時期に家を出ていってしまいました!

力を合わせて問題を乗り越えてこその家族だと思っていたのに、夫はその気が全くなく自分のことしか考えない人だったので、手の施しようがありませんでした。こんなことあるんだ!

この時、子供達は何としても私が護らないとと強く決意したのです。

私が稼がないと子供たちとの生活が成り立たないのですが、仕事と家事の両立は簡単ではなく、貯金も減る一方でした。

 

突然のガン宣告。私が死んだら子供たちはどうなる?

娘たちはアルバイトをしながら、それでも自分の夢に向かって進んでくれたので、どうにか力を合わせて暮らしていました。

慣れない通勤と仕事、それに上司のとんでもない嫌がらせが続く中、体だけは自信があったのに首にできたコブが気になって診察を受けると、なんとステージ4の癌宣告を受け、今後は声が出なくなるかもしれないし、左腕も上がらなくなる可能性があると医師に言われながら、まだ死ぬわけにはいかず手術に挑みました。

 

仕事に復帰するもお給料は減る一方で生活は楽にならず

幸運にも手術は無事成功し、出なかった声もかすれはしますが徐々に出るようになり、左腕も十分ではなくても生活できる程度には上がるようになりました。

仕事に復帰はしたものの、この仕事を続ける限りまた同じ病気になると思い、退職して雇用保険給付金を受給したり職業訓練を受けたりしながら、次の仕事を探しました。

職業訓練で身につけたエステティシャンの世界に飛び込もうとも考えましたが、一緒に訓練を受けた仲間が劣悪な職場環境と低賃金でとても長続きしないのを見ていると、自分の年齢では更にその仕事を続けるのは難しいと思い、知り合いの何人かにプライベート施術を始めましたが、生活していくだけの報酬を得るには資材を揃えたり準備が大変で割りが合わず、続けるのは無理でした。

娘たちは自立しましたが、決してゆとりのある生活ではないので、せめて私は家族に負担をかけないように自分の身は自分で賄っていかなければならないと思っていました。でも若い時のようにすぐに仕事があるわけでもなく、ひたすら支出を抑えて生活していました。

あの頃は、どこかに遊びに行こうとか新しい服を買おうとか考えることもしませんでした。

たまたま知り合いの個人塾の手伝いをすることになったものの、お給料は上がるどころか減る一方で、このままではただ最低の生活をするためだけに仕事を続けることになります。

それではあまりにも惨めだから、なんとか生活を楽しめる仕事がしたいと強く思うようになりました。

 

生活に困っている女性の助けとなるチャットレディを知る

ネットの求人サイトやポストに入る求人広告、市報の求人など様々な情報で探し続ける中、このチャットレディをプロデュースするための養成講座の案内が私のPCに現れたのです。

このプロデュース業に私の今までの経験を活かして、弱い立場にいる女性でも、しっかり自立していく支援をしたいと思ったのです。

最初は違法じゃないの?とか、怪しい職業じゃないの?とかいろいろ思いましたが、内容を詳しく見ていくうちに、これは自分の得意なところをアピールできるし、安全な環境で自分が傷つくことなく多くの人たちに癒しをもたらすことができ、何よりも自分ががんばった分だけすぐに高報酬を得られるチャットレディというお仕事をする女性を裏で支えることができると思い、これなら私がかつてCAやマナー講師、心理カウンセラー育成財団法人で培ったたくさんの方を育成した経験から、どんな困ったことやお悩みにも対応できる私にぴったりのお仕事だということがわかりました。

 

幸せを掴むために勇気の一歩を踏み出しませんか?

こんな私の元に集まってくださる女性ならどなたでもサポートして、壁にぶち当たっても私の今までの経験を活かして、一緒に乗り越えていきますので、必ずがんばった分だけ高収入を手にして、夢のある人はその夢を実現するために、また生活に不安のある人は安心安定した生活を手に入れられるようにします。

思い悩むだけでは何も始まりません!

最初の勇気の一歩を私と一緒に踏み出しましょう!

ご登録をお待ちし、お会いできることを楽しみにしています。

Related post

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

LINEのお問い合わせ

Return Top